logo

TOEIC800点以上取ったので勉強法を公開(短期間ではなく長期間派)

by on 7:00 PM


短期間でTOEIC800突破とか、そんなの無理でしょうね、とお考えの方のために、この記事を書きます、公開します。僕はゆっくりゆっくりと勉強し、勉強しなかったりして、800点を超えました。

僕のもともとの英語レベルは、長期留学の経験があるので日常的な会話は問題無いけど、ディスカッションになれば満面の笑みと悪徳商法並みの親身な頷きが僕の強みさ、といったレベル。英字新聞なんて読めない、読もうとすら思えない。ライティング、何それ美味しいのレベル。

 

title1

 

けど、そんな僕でもTOEIC800点超えたので、TOEIC800点を超える勉強法をお伝えしようと思います。始めに、合計4回TOEICを受験しているので、それぞれの結果を晒しておこうと思います。

 

TOEICのスコア推移

2013/11/17 (初受験)

IMG_9968

リスニング365 リーディング310 合計675点

 

「はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル」だけ読んで受験しました。TOEICって何なの?が分からずにTOEICを受けるなんてお金の無駄。この1冊だけでも読んでおきましょう、ってくらい読んでよかった感ある。

 

オススメ参考書①

 

2014/5/25 (2回目)

IMG_9969

リスニング395 リーディング340 合計735点

 

初回受験から半年近く経ちましたね。この間沢山勉強したとお思いでしょう。全然していません。しかし、参考書は結構買いました。しかし、積読しまくり感あり。

とりあえず「DUO 3.0」と「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」を読みました。でも、正直完全にこれらの参考書をマスターした、とは言えません。しかし、DUO3.0は幅広く英単語を覚えられて非常に重宝しました。

 

オススメ参考書②

オススメ参考書③

 

2015/3/15 (3回目)

IMG_9970

リスニング400 リーディング360 合計760点

 

「DUO 3.0」にさよならして、「TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター」を読み始めました。全然マスターできていない頃に受験して、この点です。DUO3.0は幅広く、TOEIC(R)TEST英単語スピードマスターはTOEICに特化、という感じです。

 

オススメ参考書④

2015/6/28 (4回目)

IMG_9973

リスニング430 リーディング385 合計815

 

暇な時に家で「TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター」をコツコツ読みましたが、それでもあまりマスターしていません。しかし、今後もこの1冊はきちんと覚えていきたいなぁ、と。僕の右腕的な感じになってくれ。

 

TOEIC600点台から700点台への勉強法

image2

 

まず初受験でも、TOEIC初受験用の参考書を読むことは強くオススメします。幾ら英語の学力があっても、「テスト」にはスキルが要求されるので、きちんと事前にTOEICって何なの?という知識、スキルを身につけてこそ、現段階の英語力が評価されると思います。

そして、600点台のスコアが取れたら、2回目のTOEIC受験日を決めて、単語と文法に重きを置いて勉強をしましょう。600点台では、そもそもボキャブラリー、イディオムの基礎部分が疎かになっている可能性があるので、きちんと参考書で補います。

 

TOEIC2回以降受験した場合は、1回目と2回目のスコアの詳細を照らし合わせて、伸びた点と伸び悩んでいる点を比較しましょう。そして、現段階で平均を上回っている項目はあえて放置して、「平均以下の項目を伸ばす」ことに注力をしましょう。

自分が得意な項目は勉強もしやすく、苦手意識がないので能動的に勉強できるのですが、その得意分野を究めるよりは、苦手な分野をちょっとでも得意分野の点数に近づけてあげるほうが簡単にスコアは伸びます。

 

そして再度受験し、伸び悩んでいた点が伸びていれば、結構な点数に到達するはず。これで、善くも悪くも、どの項目もそこそこできている状態になっているかと思います。そして、次に、全体的な「そこそこ」を「まぁまぁ」に仕上げていきます。

 

TOEIC700点台から800点台への勉強法

image1

 

「そこそこ」から「まぁまぁ」に仕上げる勉強、が一番難しいのです。これが一番難しいのです。人間、だいたい偏った勉強をしているし、得意不得意があるので、偏りを正して、不得意を伸ばせば、数字として成長を実感できます。

しかし、偏りを正した以上、TOEICのスコアを伸ばそうと考えると、付け焼き刃の勉強法では太刀打ちができない、ということに薄々気付きます。そう、英語力、英語力が必要なのです。(ドヤ顔)

 

基礎的な英語力を上げるためには、英語を身近にして、習慣化させる、ということが1つ鍵となります。この習慣を持続させることで、英語への苦手意識をなくし、参考書による勉強では得られない幅広い単語や表現が取得できます。

 

僕がTOEIC受験2回目(675点)以降に実践していたのは、

  • IT系の記事を英語で読む。(ZiteとPrismaticというアプリがオススメ)
  • ジュブナイル小説を原書で読む。(ルイス・サッカーの『穴 HOLES』など。)
  • Podcastでリスニング。(最初は6 Minutes Englishとか)

この上記3つを定期的に続けていくと、英語への抵抗感全くなくなると思います。
特に自分が好きな記事を読む習慣、しかも英語で!というのは捗りますよ。

 

既にTOEIC700点を超えている人がこの習慣を長期的に続けていければ、TOEICの参考書は不要、だと僕は考えます。僕の場合、TOEIC735点取得以降、TOEICの参考書は適当に買った気がしますが、全くやった記憶がありません。「英語力」を伸ばす、これを大切にしましょう。

 

TOEIC900点に向けて

実は過去問とか解いたことがないので、とにかく実践の経験値を高めていきつつ、長文の解き方を更にブラッシュアップさせていきたいところ。特に長文については読むスピードは相当早くなり、空き時間も10分くらい出てきた。

しかし、空き時間にどのように問題を見直せば効率的か、といったところにまで頭が働かなかったので、ここをきちんと意識をして、受験し直せば30点はアップすると思う。引き続き900点超えに向けて勉強に励みます!

 

この記事を読んだ人にオススメの記事。



 

Pocket


Tags: , ,