logo

プラトニックな旅 10 byスズキリョー

by on 7:00 PM


 

スズキリョーです。写真を撮っています。

 

さあ、オレゴンに来てからもう5ヶ月が経ちました。

当初より予算の関係もあり、語学学校は半年と決めていたので残すところあと1ヶ月となりました。あっという間だったような気がします。

肝心の英語の方はどうかというと、こちらに来る前が「パパママ」しか言えない赤ちゃんレベルだったので、幼稚園児くらいにはなったかなという感じです。予想より全然上達していません。どうにかあと1ヶ月で小学生レベルには持っていきたいです。

 

ここで語学学校について思ったことを少し書かせてもらいたいと思います。

まあ、僕は三十路を前にして仕事を辞めアメリカに来てしまうようなちょっと夢見がちな男の子なわけです。ようするにアタマが少し足りないんです。英語に関しても、留学前はほとんど勉強せず、行けばどうにかなるだろうと思っていました。当たり前ですが、流石にこれは甘い考えです。いかに来る前の勉強が大事だったか痛感しました。簡単なことでさえ最初は伝えられないので。

そして、語学学校は一から英語を丁寧に教える場所ではないです。これも当たり前ですが、普通の学校と違い年中生徒が入れ替わりますので、まずはbe動詞から始めて時制や助動詞と順番に教えていくわけではないです。語学学校とはいえ今まで学んだ英語を駆使する実戦の場と言ったほうが正しいです。それにちょっとづつポイントポイントで肉付けしていくという感じ。

僕はまず肉付けする土台がないに等しかったので、こちらに来てから文法書を2冊ほど一からやりました。ただそれにも時間はかかってしまうしすぐに身に付くわけではありません。それと学校での宿題ももちろんあります。だから、僕は学校で学ぶことはクラスのレベルによってあまり大差はないと考え(あまりにも低いのはアレですが)、意図的にクラスが上がらないように多少小細工などして宿題などで学校の勉強に多く時間を取られる先生を避けるようにしました。

まあ、これは僕がアメリカの大学に行きたいというわけではないし、TOEICなどのスコアも必要がない、とりあえず人とコミュニケーションが取れる英語力を得れればいいというのも多分に関係していますが。

とりあえず、留学に興味がある方は日本にいるうちに英語はできるだけ勉強しておきましょう。これだけは伝えたいです。

 

さあ、そんなのはいいから楽しい話をもっとしましょう。

今週、僕は1週間ほどのSpring Break(春休み)なのです。

そこでNonaが一泊二日の旅行を計画してくれました。車でオレゴン州の下の方に行くみたいです。わくわくです。

RSZK2289

車を3時間ほど(ほとんど寝てたので時間があまりわからない。。)走らせ、まず行ったのがWildlife Safariという動物園。アメリカらしく広大な土地に動物たちが放し飼いにされていました。久しぶりの動物園に興奮しました。あの獣臭い匂いからしてドキドキしてしまいます。

そして、すみません。興奮してあんまりデジカメで写真を撮ってなかったみたいです。

この後は近くのレストランで食事を取り、予約しておいてくれたモーテルに泊まりました。アメリカのモーテルにはプールがついてることも多く、そこでも子どもに混じってテンション上がっていました。

次の日はまた車を何時間か走らせ、Crater Lakeという湖にやってきました。

RSZK2307

どうやらアメリカで一番深い湖で世界でも七番目らしいです。ちなみに水深592メートル。

オレゴン州唯一の国立公園でもあります。

ちょっと天気が曇り模様なのであれですが、普段は空の青が綺麗に反射してこの写真とはまた違った表情を見せてくれるらしいです。でも、雪景色もなかなか綺麗ですね。

RSZK2315

夏場は湖に入ったり釣りなんかも許可されてるようです。

そして、僕気づいてしまったんですけどネイチャーフォトってめちゃくちゃ難しいですね。

普段そういった写真を撮らないので帰ってきて自分の写真のしょぼさに悶絶しました。

まあ、あまりクヨクヨはしてられないってことで次。

The Oregon Vortexです。

RSZK2327

オレゴンの渦です。ミステリーやオカルトなどが好きな方はご存知かもしれません。

まだアメリカが開拓される前のお話。先住民や動物たちが決して近づかない場所があった。

そこは「禁断の土地」と呼ばれ、摩訶不思議な現象が起こるとされてる。

「インディアン ココ チカヅカナイ」とか言ったとか言わなかったとか。

RSZK2335

英語での説明はわからないことも多かったけど、実際に水平(に見える場所??一応水平器を使ってました)のところで立つ位置によって人の大きさが違って見える場所や、ほうきが垂直に立つ、斜面に見えるのに上っていくゴルフボールなど。不思議なことがいっぱい。

あまり無粋なことは考えるのはやめましょう。

自分の見たものだけを信じるのがミステリーハンター、いや写真家です。

帰りはタイ料理やで久しぶりのカレーを食べてこの旅行も終わりました。

とっても楽しかったです。Thanks for great trip.

RSZK2316

アメリカのDadとMamです。

 

今回もこの記事を見て頂いた方々ありがとうございました。

 

前回の記事はこちらです。

 

あと、Facebookのいいね!ページがあります。

もしFacebookのアカウントをお持ちで興味がある方がいらっしゃいましたらお願いします。

 

<投稿者>スズキリョー



 

Pocket


Tags: , , , , ,