logo

プラトニックな旅 9 byスズキリョー

by on 7:00 PM


 

スズキリョーです。写真を撮っています。

 

アメリカでは先週から夏時間が導入されました。

daylight saving time

the time during the summer when clocks are one hour ahead of standard time

ロングマン現代英英辞典【5訂版】

辞書にはこう書かれていましたが、要は夏の間は1時間、時間を繰り上げましょうというものです。

主な目的は朝を早くすることにより、日が出ている時間を有効に活用しましょうということらしいです。アメリカでは3月の第2週から11月の第1週まで、この夏時間が適用されます。

電子機器は大体のものが勝手に切り替わるのですが、家の時計などはいちいち手作業で一斉に進めます。

なので少しめんどくさそうでした。夏時間に関してはアメリカ内でも賛成意見と反対意見があるみたいです。

しかし、この制度本格的に施行されてから何十年も経つもので、今さら変えるのも簡単ではないようです。

 

そして、それ以上に大事なニュースがSpringer家にはありました。

 

ライアンが帰ってくる!!

 

さて、ライアンと突然言われても誰のことかわかりませんよね。失礼しました。

ライアンとはSpringer家の末っ子で2年もの間ミッションに行っていたのです。

ミッションについてはあまり詳しいことはわからないので、簡単な説明になってしまいますが、

2年ほどの間、世界中の地域を対象として(彼の場合はアメリカの別の州でした)、宣教活動や慈善事業を行うというものです。その間の生活はかなり制限されるらしくゲームなどの娯楽はおろか、家族への連絡もクリスマスぐらいしかできないといった具合。

そしてその任期を終えた彼が帰ってくるのです。

その日は一家総出で空港までお出迎えです。その他にもハイスクール時代の友人まで出迎えに来ていました。

 

RSZK2116

自家製のウェルカムボードまで作りました。

 

RSZK2123

まずは母親のもとへ。

このあともひとり一人と抱擁を交わし再会の喜びを分かち合います。

 

RSZK2160

最後に記念写真。

お父さんお母さんだけではなく、兄弟、その家族、友人に至るまで全員で彼の帰省をお祝いしました。

 

アメリカは家族の繋がりが本当に強い気がします。

以前も書いたかもしれませんが、前のホストファミリーも今のホストファミリーも僕の家族は元気にしているのかよく聞いてきます。

僕はこの4ヶ月ほどで家族には2、3回しか連絡を取っていないと言うとすごく驚かれます。

また兄弟との会話もたいしてしてない(男兄弟だとそれ自体は日本ではそんなに珍しくないと思うのですが)と伝えると、今からでも遅くないからしっかりコミュニケートしなさいとまで言われます。

まだ、こちらのブログでは紹介できていないのですが、僕のホスト先には僕の他にふたりの中国人留学生がいます。彼らも頻繁に家族と連絡を取っているようです。

どうやら日本が特にコミュニケーションについて希薄なのかもしれません。(もしかしたら僕個人の問題かもしれませんが)

こういった点はやはり日本にいると気づきずらい部分ですね。

アメリカにいても日本のニュースも入ってきますし、離れてみてわかること海外にいて感じることが多いこのごろです。

 

今回もこの記事を見て頂いた方々ありがとうございました。

 

前回の記事はこちらです。

 

あと、Facebookのいいね!ページがあります。

もしFacebookのアカウントをお持ちで興味がある方がいらっしゃいましたらお願いします。

 

<投稿者>スズキリョー



 

Pocket


Tags: , , , , , ,