logo

イタリアの写真家Andrea Botto 写真集「19.06_26.08.1945」

by on 7:00 PM


イタリアの写真家、Andrea Botto。

今回ご紹介する写真集「19.06_26.08.1945」は、Paris PhotoのAperture Foundation PhotoBook Awards 2014にノミネートされた作品。

 

彼の祖父が第二次世界大戦の終戦を経て、ナチス収容所から解放された。そして、彼は自宅へと戻るわけだが、Andrea Bottoは、ネットを通じて、彼の祖父の帰路を追うことになった。

地名と年代、その2つのキーワードをgoogleに入力し、そこに表示された写真をピックアップ。写真の間には、祖父が書いた手紙を挟む。そうして、完成したのが写真集、「19.06_26.08.1945」。

 

所謂ファウンドフォト。自分で撮影したわけではない写真。見つけた写真、とでも言うのだろうか。僕は正直ファウンドフォトが好きではなかったが、この写真集を通じて、その認識を新たにした。

これは写真集、というより極めて情緒的な読み物に近い。小説はテキストを通じて、それを脳内で像としてイメージにするが、今作は、具体的なイメージが表れているにも関わらず、文字を探ることができた。

その文字、というのは、作者の文字、というよりも、彼の祖父の文字、言葉。言葉を探すきままなジャーニー。とりあえず、来年にアウシュビッツ行くので、それが楽しみ。(個人的にお話)

 

IMG_7896

IMG_7888

IMG_7889

IMG_7890

IMG_7891

IMG_7892

IMG_7893

IMG_7894

IMG_7895



 

Pocket


Tags: , , ,