logo

重なる裸体が折り重なる芸術写真がとにかく異質。まるで記号みたい。

by on 7:00 PM


ヌード写真には敏感に反応するが、股間は鈍感に反応する。

他人の裸体を卑猥な解釈で見ると、股間は敏感に反応する。

 

そう、ヌード写真、それ自体は如何なる解釈も持たない。

持たせるのは僕たちだ。持たせるのは僕の股間だ。

 

ということで、適当な前置きはさておき、変わった写真をご紹介。

1

 

ドイツ、ベルリンを拠点に活動する写真家、Klaus Kampert。

 

今までヌード写真を中心に撮影してきているが、これらの作品は「Ecce homo」というシリーズ。

ニーチェが発狂する1888年の前年に書いたとされる自伝のタイトル(邦題 :この人を見よ)と同じ。

 

2

3

4

5

6

7

8

 

 

折り重なる裸体には、女性/男性、綺麗/汚い、そういった相対的な感性が働かない。

頭、顔、性器、それらを覆い隠し、折り重ねるだけで、こんなに感性が鈍るとは。

 

写真かこちらからお借りしました。

http://www.faithistorment.com/2014/06/ecce-homo-photos-by-evelyn-bencicova.html



 

Pocket


Tags: , ,