logo

GOLIGA主催のMartin Parrのイベントに参加して写真集作ってみた

by on 7:00 PM


「写真を中心にイベント、展覧会、出版などを企画、プロデュース。東京を拠点に、国内外で活動」

している、というGOLIGAという日本では珍しいインディペンデントで、ユニークな組織が主催。

 

 

青山のポールスミススペースに、マーティン・パーの写真編集室を設けます。

2つとして同じ内容が存在しない、オリジナルのマーティンパーの写真集を

参加者の皆さんに編集・制作していただくイベントです。

 

という説明がされている、「PHOTOBOOK AUTOMAT」に参加してみた。

説明を長くするのも無駄だと思うので、とりあえず会場の様子をどうぞ。

みんな写真撮ってたので、写真撮って、載せていいと解釈、問題あれば連絡ください

 

IMG_2532

 

こんな状態で見開きの写真があるので、それを10枚選ぶ。

一枚=写真が2枚、なので、10枚選ぶと20枚の写真を選んだことになる。

 

IMG_2531

 

会場はこんな感じで、結構沢山人が居た。

奥で座っている外国人がMartin Parr氏。

 

IMG_2529

 

この中から表紙=オリジナルプリントを選べる。

 

IMG_2528

 

選んだ10組の写真(写真20枚)を製本してくれる。30分くらいかかった

淡々と進めているが、地味に選ぶ写真を考えるのにとっても時間がかかる。

そして、僕はMartin Parrの写真集を一作も持ってないので、気ままに選んだ。

 

ということで、僕だけの1冊のMartin Parrの写真集はこちら。

 

IMG_2548

 

IMG_2552

 

IMG_2553

 

IMG_2554

 

IMG_2556

 

IMG_2557

 

IMG_2558

 

IMG_2559

 

IMG_2560

 

IMG_2562

 

IMG_2563

 

IMG_2564

 

IMG_2565

 

うん。水着のおじさんの股間アップとおじさんの胸についた十字架で吹く。

2枚セットになっているので、僕は全然こんな計算していなかったので、吹いた。

 

仕舞いには、Martin Parr氏は自身のサインをMartin Marrと書き間違える始末。

 

そして、Martin Parrがロンドンで生活していた頃に出会って、一緒にショッピングしてたら

洋服のポケットに「手を入れてみて?」って言われたから、入れてみたら、ポケットの中に

そいつも手を入れてきて、ぎゅーっと手を握られて、さぁ、君のお家でいいことしよう、

と言われて、顔面蒼白で断ったゲイのおじさんにとっても似てたので、これは困った。

 

だから、僕にとってMartin ParrはMartin Marrというゲイのおじさん。(オチ)



 

Pocket


Tags: , ,