logo

コーヒー初心者が揃えたおすすめコーヒー道具やら豆やら色々

by on 9:30 PM


ここ最近の俺ブームは、「コーヒー」。この趣味は本当に俺を助けている。

写真集や洋楽を趣味としていたが、妻の出産を期に趣味は激変。お小遣い制で昔みたいにお金使えない!、ということより、子育て環境でも、きちんと持続できる趣味を見つけなければ!ということですね。

 

コーヒーは、初期投資もランニングコストも小額。コーヒーの準備なんて10分程度。子供が隣にいながらもできて、しかも妻からもガミガミ言われない趣味、これまさに「コーヒー」なわけですね。子育てリーマンの味方、つーわけですね。

 

コーヒー初心者へ。いざ、「趣味:コーヒー」へ。

IMG_0101

というわけでここ1年はコーヒー頑張っていたので、どのような機材を揃えたのか色々紹介しようと思う。高額な商品の紹介はなるべく控えているので、軽い気持ちでコーヒーを始める方にも参考になるはず。

 

どう買う?安くて美味しい、おすすめコーヒー豆!

IMG_0095

速攻、コーヒー道具から話を逸らしますね。

というのも、単純に、幾ら良い機材を揃えてもコーヒー豆が良質なものでなければ美味しくないしね。そして、多種多様なコーヒー豆に出会い、コーヒーの奥深さに触れることによって、更にコーヒー沼にハマっていってほしいからね。

 

個人的には[World Beans Shop]が非常に安価で、良質な豆を仕入れているのでお勧め。3,240円以上の購入で送料は無料。2ヶ月間に1回、500g×2種類の結構ハイグレードなコーヒー豆を、3,500円~4,000円分くらい買っています。つまり、毎月2,000円弱ですね。安い。

 

お家で美味しいコーヒーを淹れるおすすめ器具!

IMG_2384

俺、わりとオークション入選しちゃってるとても良いコーヒー豆を買ってます。しかし、1キロで3,500円くらい。1杯(マグカップ300ml)に20gの粉を使用するので、50杯飲めて、1杯あたり70円。

ランク落としたら、その半額。皆、カフェに慣れすぎてしまってるぜ。実はコーヒーってくっそ安いぜ。しかも、そこらで飲むより、めっちゃ美味しいぜ。ってことでコーヒー器具をご紹介!

 

1 電動コーヒーミル(コーヒーグラインダー)

IMG_2346

手動のコーヒーミルは雰囲気良いですね。レトロですね。可愛いですね。家に置いておけば会話が弾みそうですね。でも、やめましょう。手動のコーヒーミルをオススメしない理由はこちら。

  1. いつか必ず面倒臭くなる → コーヒー飲まなくなる
  2. 粗挽きしかできない → エスプレッソとか作れない

電動のコーヒーミルは本当に楽。コーヒー豆を飲みたい量だけ容器に入れて、ツマミをひねるだけ。たった数十秒で、非常に均質的に豆が挽かれ、準備が整う。

 

 

オススメのコーヒーグラインダーは、DeLonghiの「KG364J」。10,000円弱で、14段階の粒度設定が可能。最初はドリップコーヒーで粗挽きという方も、今後はエスプレッソ、ゆくゆくはカプチーノも、という可能性があるなら、細挽きもできる電動コーヒーミルがお勧め。

 

2 コーヒードリップポット

IMG_2372

もしかしたら一番「コーヒー」感のあるアイテムかもしれない。我が家はイギリスのメーカー、ラッセルホブスの電気ケトル「7410JP」を愛用。そう、電気、です。

もともと、子供のミルクを素早く作るにはケトル電気必要だよねー、出来るだけお洒落がいいよねー、という家族事情に加えて、俺のコーヒーにも使えたらいいよねー、という俺事情が加わり、こちらに決定。

 

美味しいコーヒーを作る上で電気ケトルである必要は皆無だけど、注ぎ口は細口だし、水入れてボタン1つでお湯が沸くし。直火でお湯を沸かすよりは、楽に加えて、安全、というところも大事かな、と。

 

3 コーヒー豆 密封保存瓶

IMG_2381

お気づきの通り、真っ白です。左の瓶は、フランスのル・パルフェのボーカル750ml、これは冷凍庫用。既述の通り、約1キロのコーヒー豆を2ヶ月で消費するが、コーヒー豆を常温で2ヶ月間保存することはできない。

 

常温の場合、もって数週間。冷蔵でも、1ヶ月間かな。ということで、2ヶ月間保存するには冷凍保存がベスト。しかし、キンキンに冷えて、持つのが辛いレベル。1〜2週間で使い切れる用の瓶の併用がオススメ。

 

右がメイソンジャーのエリート16oz(480ml)、こいつは冷蔵庫用。ル・パルフェのほうがおそらく密封性は高いが、開けるのに結構力使う。メイソンジャーは回すだけ。毎日開けるコーヒー瓶ならこちらがオススメ。

 

4 ネルドリップ用機器一式

IMG_2380

ネルドリップのほうが紙よりも油分を下に落としてくれて、舌触りがトロっとしていて美味しいので、ネルドリップ派。しかし、色々面倒な点もあるのは確か。

 

ネルは水を入れたタッパーに浸して、毎日使わなくても水交換。これを面倒だと感じてしまう人はペーパードリップでも良いかなぁ。しかし、味求めるならネルで。トロトロ最高なので。

 

おまけ エスプレッソマシーン

IMG_2379

こいつは上記のアイテムとは異なりマストバイではない!しかし、エスプレッソマシーンがあればエスプレッソはもちろん、カプチーノやカフェラテも作れるので、「表現の幅」(笑)が広がります。

 

最初にエスプレッソマシーンを父から譲り受け、エスプレッソ→カフェラテ→カプチーノ→ドリップコーヒーへと、「表現の幅」(本記事2回目)が広がったので、個人的にはエスプレッソマシーンから入るのもオススメ。

 

雑記 飲んだコーヒーの種類は忘れる

beans

わりと気持ち悪い人間なので、飲んだコーヒーはエクセルで管理しています。恥ずかしいので、ボヤかしてます。産地・銘柄、味、購入先URL、感想、などなど。。

というのも、沢山の種類のコーヒーを飲んでいくと、極端に特徴的なコーヒー以外は記憶から消えていきます。あの時、「美味しい〜」と思った、あのコーヒーも、忘れるのです。

 

IMG_2329

これは思春期の恋ではありません。簡単に忘れてはならない、と、そう思うのです。飲んだことがあるコーヒーにも関わらず、友人からそのコーヒーの味聞かれて、

「え?あぁ、あれは酸味と苦味のバランスが良いコクのあるコーヒーだよ」的な

「それ、どのコーヒーでも言えるんじゃね?」的な平凡回答だなんて。後味良くても悪くても記憶に留める、それが大人のコーヒーへの愛ってやつなんじゃねーの、ってことでBYE BYE!



 

Pocket


Tags: ,