White is Black
The Photography and Something of Shuntaro Kanekiyo

s

s s s

About Me

English

名前:兼清俊太郎

生年月日:1988年9月22日

性別:男

血液型:0

国籍:日本

出生地:東京都

出身地:神奈川県

カメラ:Ricoh GR1, Nikon F3

フィルム:Kodak T-max 400

ブログ

ブログ1 : 「(H)imagiinism

ブログ2 : 「年間100冊読書ブログ

ブログ3 : 「そして、旅。また、いつか。

SNS

Twitter : 「kanekitter

Flickr : 「kanekiyoshuntaro

Tumblr : 「Shuntaro Kanekiyo

Piccsy : 「Shun

Last.fm : 「kanemusi

趣味

書 : 主に古典小説を読む。新書は幅広く読む。

真集 : モノクロで80年代までのポートレートを中心に読む。

術館 : 週に1回の訪問を心がけている。

楽 : UKとUSロックのガレージロックとシューゲイザーを中心に聞く。

字 : もやもやしたらすぐに文章にして、輪郭を掴むようにしている。

歩 : 4時間くらいは疲労なしに歩ける。写真を趣味にしてから尚更歩くのが楽しい。

好きな海外作家

フョードル・ドストエフスキー / フランツ・カフカ

好きな海外小説

15少年漂流記 / 蠅の王

好きな日本作家

夏目漱石 / 川端康成 / 三島由紀夫

好きな日本小説

それから / たけくらべ / 五重塔 / 高瀬舟 

好きな人

井上雄彦 / 久石譲

人生の転機

アインシュタインの相対性理論を知った中学3年の9月18日

 

8ヶ月11カ国の旅


より大きな地図で 旅ルート を表示

現在

大学生活で行った、年間100冊読書と書評、ロンドンへの語学留学、そしてアジアの一人旅。
それらの3つの経験をもとに、大学生による大学生のための文章を執筆しています。
大学生ほど自由に世界に触れられる身分はないにもかかわらず、現在の日本は不況だということで、
内向きになって、自分自身の力で世界を切り開こうとしない学生が多いと思います。
グローバル社会だから、なのではなく、一人の個人として世界を切り開くことが大切だと思います。

僕は個人的に、年間100冊読書+書評、留学、旅、という経験で自分自身を表現してきました。
字面ではたった数文字の経験ですが、その効能は大学生という多感な時期において大きいと思います。
僕はそれら3つの経験を記して、大学生に何かをするきっかけを与えたいと強く思うのです。
ある人にとって、留学や旅はとても勇気と決断が必要なことかもしれません。
でもやってみると案外簡単だったりするのです、まずは動いてみればいいのです。
「こいつでも、できたんだから俺もできる」そう思ってくれたら僕は満足です。

2月から文章を執筆し始め、1日2000〜5000文字、週5日で文章を書いています。
とりあえず流れるように文章を書いて、書き終わったら、校正していくつもりです。
それと並行して、本を出版して頂ける出版社を探していく予定です。


出版企画書等は出来上がってるので、興味がある出版社は連絡をください。



Home
Copyright© Shuntaro Kanekiyo All Rights Reserved.